あまり書かれていなかったので、久々に。

株式会社ライトアップ

http://www.writeup.co.jp/

http://www.writeup.co.jp/

からK原というひとからメールを頂きました。

変わった名前なのでググったらFacebookがあった。
2012年に有名なだけで中身の無いW大学を卒業して、このしょうもない会社に入ったお子さんだった。
田舎出身→そこそこの良い大学行く→変なプライドでどうしようもない新しそうな会社をチョイスしてしまう、
というのが多そうだ。(実際その会社の公式サイトは10年前の感覚のしょぼいウェブサイトなんだが。。。)

恐らくノルマがあるんだろう。彼が悪いわけでも無い。

まずメール本文がおかしい。

博報堂の資本が入った会社ですと、いきしゃあしゃあ。
お世話になったこと無いのに、お世話になっておりますって。本物の営業マンが見たら呆れる。嘘をつく人と仕事は出来るわけがない。
正しい日本語も教わっていないお子さんとはビジネスにもならない。
それでもそれは上司が会社があほだからそうなるだけのこと。

内容もしょぼいSEOやメルマガが得意だそうだ。
そのしょうもないものを売る代理店になりませんか、というメールだろう。

「検索エンジン上位に表示されるサイト = 人に優しいサイト」という、脳みそで考えたとは思えないことを書いてしまう。

 

そんなしょうもないメールは1分でゴミだと判断するわけだが、
ノルマがあるんだろうか必死なのか、何度も電話をかけてくる。
うちはIT会社で電話は緊急でのみ受け付けると記載が明確にあるのに、そのように明確に書いてあるところに対して電話を掛けると言うことが相手に対して何の敬意も払っていないのが分かる。
自分のことしか考えていない会社だ。今後通用すると思っているんだろうかねぇ。

そして、そんな阿呆な会社がさらにヘッドハンティングとか抜かして学生をブラックな道に引きずり込むわけだ。
https://www.shh.jp/

 

Comment now!
















Trackbacks