11/24。

11/22,23辺りの気になる地震とかはひとまず起こらずの晴れた日曜日に。

 

ウィーン菓子 ノイン・シュプラーデンの秋のセールに。

http://www.9-schubladen.com/

この横浜市青葉区でも結構しっかりしたお店が同じ通りにピュイサンスというのがありますが、こちらも押しも押されずという感じです。

モンブランとザッハトルテをゲット。お目当ての焼菓子とかのセットはなかった。

ザッハトルテのクリームは多めで、あんずジャムも結構しっかり入っているものです。

ドイツ語でトルテ=飾った菓子という意味なんですね。それに対してクーヘンが飾りの無いものだそうで。

 

らーめん大文字藤が丘

http://ramendb.supleks.jp/s/1388.html

そのノイン・シュプラーデンよりも駅より、店主は結構有名らしいラーメン大文字へ。こっちは支店ですね。

味噌がメインで、迷ったけれど辛味噌を。

結構独特の味の味噌のお店なのと、後高めなので、好みは別れるのかもしれない。

こってり味噌ではないけれど、だしはしっかりな通常でも若干ピリ辛な感じ。

11/17晴れ。

大塚で昼間ライブを見てから、

小腹が空いたので、駅前のAtreの中の「はらロール」を頂く。

http://hararoll.jp/

はらドーナッツという豆乳でドーナッツを作って有名なお店のロールバージョンのお店。

店によってはドーナッツかロールかいずれからしいけれど、ここのはドーナッツもロールも。

そこら辺で立ち食いするので目当てのロールではなく、ドーナッツを頂く。相方は、柿となんとかの秋系のものと、私はピスタチオ。

なぜかピスタチオの方は少し溶けた感じでしたが、無添加を売りにしている甘さ控えめの素朴な味。
ピスタチオの風味は薄めのような。もともとかすかな味ではありますが。
豆乳豆乳しているわけではありません。

ネットにあまり情報がはっきりしたのがあるようなないような感じですが、はらロールの賞味期限は当日

 

そしてから、青葉台に移動して、おがわらーめんでディナー。

http://r.gnavi.co.jp/dsb68kac0000/

支那そばの正統派。

煮干しの風味たっぷりで、自然素材をたっぷりだそうだが、確かにヘルシーな感じ。

せっかくなので、おがわらーめんをオーダー。900円。なかなか財布にシビアなひとには高めの設定だろう。
全部のせだが、よくありがちなとにかくごちゃごちゃ乗っているのではない感じ。

醤油は、多分煮干しベースのしっかりした味に塩分抑え目のスープ。
麺は細め縮れ。
全般的に上品な味の印象で、好み。

一時期、藤が丘駅前にお店を出していたがすぐ閉店。

何やらこちらの本店の人手が足りなくなってしまって閉店になったそう。もったいない。

帰宅後は一杯だけ日本酒とチーズ。

頂いた電話。

070-5469-2469

単刀直入に、これはネット回線契約を取る営業電話の番号だ。
Wilcomの番号らしい。

アイスマートのKと名乗って電話だった。検索したが多分該当のものは無いし、別の会社からの電話だったという情報もあった。

何度か来たので、ちょっと出てみたら、フレッツ光のなんとかという話で、
実際フレッツ光の契約をしているのだが、なぜこの携帯番号がわかったのかという謎。

現在の住まいは、不動産会社でキャッシュバックになるからということで、なんとかという会社を通して、プロバイダーをNiftyで契約をしている。

そのなんとかという会社も評判が悪いところとあとで分かったんだが、当初niftyでといったのになぜかSBで契約になっていて、SBは論外だったので変えさせた。

なので、私個人が光回線を契約しているということが分かるのは、

・不動産屋から紹介の回線契約営業会社(儲かる分質の悪い会社が多い業界だ)

・Softbank(何かと胡散臭い会社だ)

・NTT(当然)

・nifty(当然)

おそらくは上記2社がリストを売っているのだろう。

とりあえずはウィルコムに怪しいことをやっている契約者がいると通報してみた。
こういった電話が来てまじめに聞いてなんか変えてしまう人も恐らく多いんだろうと思う。ネット回線業者はちょっと販売ルートを考えないと信用を無くしてしまうが、そういったおかしな個人情報の漏れについて多くの消費者が文句も言わないといけないのかもなぁと思った。

 

あまり書かれていなかったので、久々に。

株式会社ライトアップ

http://www.writeup.co.jp/

http://www.writeup.co.jp/

からK原というひとからメールを頂きました。

変わった名前なのでググったらFacebookがあった。
2012年に有名なだけで中身の無いW大学を卒業して、このしょうもない会社に入ったお子さんだった。
田舎出身→そこそこの良い大学行く→変なプライドでどうしようもない新しそうな会社をチョイスしてしまう、
というのが多そうだ。(実際その会社の公式サイトは10年前の感覚のしょぼいウェブサイトなんだが。。。)

恐らくノルマがあるんだろう。彼が悪いわけでも無い。

まずメール本文がおかしい。

博報堂の資本が入った会社ですと、いきしゃあしゃあ。
お世話になったこと無いのに、お世話になっておりますって。本物の営業マンが見たら呆れる。嘘をつく人と仕事は出来るわけがない。
正しい日本語も教わっていないお子さんとはビジネスにもならない。
それでもそれは上司が会社があほだからそうなるだけのこと。

内容もしょぼいSEOやメルマガが得意だそうだ。
そのしょうもないものを売る代理店になりませんか、というメールだろう。

「検索エンジン上位に表示されるサイト = 人に優しいサイト」という、脳みそで考えたとは思えないことを書いてしまう。

 

そんなしょうもないメールは1分でゴミだと判断するわけだが、
ノルマがあるんだろうか必死なのか、何度も電話をかけてくる。
うちはIT会社で電話は緊急でのみ受け付けると記載が明確にあるのに、そのように明確に書いてあるところに対して電話を掛けると言うことが相手に対して何の敬意も払っていないのが分かる。
自分のことしか考えていない会社だ。今後通用すると思っているんだろうかねぇ。

そして、そんな阿呆な会社がさらにヘッドハンティングとか抜かして学生をブラックな道に引きずり込むわけだ。
https://www.shh.jp/

 

いろいろ起きる時代ですからね、
緊急時用に乾電池で携帯を充電できるものを買っておきました。

ガラケーのは持っていたんですが、何ヶ月か前にスマフォにしたので、
新しいのを買わなければと言うことで買いました。

今思えば緊急時用なので、ガラケーのは一度も使っていませんでしたね。

楽天のホワイトナッツと言う店で買いまして、翌日すぐ届きました。奈良から。

開封したら、USBの方は表面に傷、本体の包装は空けた感じがあって、後電池を入れるとしっかり納まらないという安物ですね。電池が納まらないのは設計ミスですが、まあ大丈夫でしょうね。動作はまあ問題なく。海外の本当に安い店で売られている品質だと思って、こういうの日本で売れちゃうのがネット社会だなぁと思ったものです。

 

安いのでそれ以上を望まず、でも災害時とか動かないと微妙かもと言う懸念もあったりしますね。

ラウル株式会社という会社からグリーンサイトライセンスと言うのがウェブサイトのクライアントに届いたそうです。

意味が分からないから確認をしてくれと言うことで調べました。

GSLと言う環境認証の受けたウェブサイトですよと言うことがいえる様になれると言うものです。

半年無料でと言うことでお得ー

 

と言うことは無く、まあ私個人的な解釈ではただの詐欺だと思っています。

ユニセフかなんかと同じ”ビジネス”以外の何でも無いものです。

詳しくは以下に書いてありますが、
http://www.gsl-co2.com/guide/

表向きは非常に聞こえの良いことを謡っています。

認証を買えと年間数千円でと言って、
そこで集めた金で自然エネルギーの何かに使う
認証を受けたと言う会社としてPRできるよ

と言うのが簡単な説明です。

そもそも会社がエコな会社だと言って、お客に何のメリットがあるのかということです。
見た目にクリーンにしたい会社ほどこういったところに食いつくのか?

ただじゃあんまり募金とか回収できないものだから、そっちにもメリットがありそうな、でも実質は何の意味も無い、
実が無い無いといわれるエコビジネスの典型でしょうね。

 

 

てみました。

引越し料金見積です。

 

現在のところから、神奈川の方に引越しをするので、
何年も前に引越し一括まとめのところを利用したのをもう一度やってみました。

以前とシステムはあまり変わっていないと言うのがありましたね。

私は、電話で話すのが面倒なので、初期はメールで見積もり料金をくださいと記載したにも関わらず着ましたね、電話。

昨日の時点では、夜だったせいかメールが多かったのですが、

Socio引越しセンター0120-680-933が2回も来ましたね。
この会社はなぜか公式に書いてある電話番号と上記の勧誘用なのか発信用なのか、よく分かりません。
迷惑電話番号扱いにネット上でなっています。

日本引越しセンター03-6427-5986も2回来ています。
こちらも同様にメインの番号ではないようです。
そして電話しながらもデザイン性の低い、まさにそちらさんですよというメールも来ました。

「うんざりするくらいのメールや電話が来ていることをお察しします。

ですので弊社は、この1通に真心込めシンプルに送らせていただきます。」

あとはこちらは引越し先でインターネットを使う方限定価格と言うのを出しています。
これは要するにネット回線の契約で、数万円がプロバイダーからキャッシュバックがありますから、
それを宛にしたものですよね。

私は単身ですので、大体1.5~2万くらいの引越し料金ですが、こういったネット回線の契約では、価格コムを見ると3-5万くらいキャッシュバックされます。
ですが、日本引越しセンターくんは、1.3万くらいの見積を出してきました。
こちらを利用した方がトータルで損ですね。

どちらにせよ上記2社は「メールください」と言う簡単な日本語を理解してもらえないところなので、いくら安かろうが利用することは出来ませんね。

 

二郎という食べ物を提供する店のファンのジロリアンのTシャツです。

表面には、I’m a Jirorian、背面には、呪文のヤサイマシマシ、ニンニク、カラメ、アブラと言うオプションを入れました。
表に呪文を入れるとこれを着ていったときに他の注文ができないかもと言うことで、逆にしました。

 


Tシャツとしてよく使われるような、チェゲバラのデザインです。

本当は、彼のデザインよりは、その言葉の強さを感じて、デザインしようと思いまして、デザインしました。

The true revolutionary is guided by the great feeling of love.

真の革命は、愛の偉大な感情により導かれるものだ

という意味のチェが言ったとされる言葉です。

今の日本人が必要なことではないでしょうかね、彼の時代のような暴力的なやり方ではない、
民主的と言うとまた語弊があるのかもしれませんが、
民間レベルで、なおかつシステムなど既存のものに依存もしない、
既得権益を理解した上で行えることがあると思います。

 

Jah Rastafariのライオンの紋章に、旗に、One loveと言うレゲエなワードを追加したものです。

One Loveは今の日本にも必要なワードかもしれませんね。未だにいろいろな利権やエゴが渦巻いている雰囲気ですからね。

かすれた感じも出しています。